複合機とは、FAXやスキャナなど多機能付きのコピー機のことを指します。ですので、新品複合機の機能の中でも最も基本となっているのはコピー機能です。どんなに機能が充実していても、コピー機としての機能が会社のニーズに合っていなければ、複合機(コピー機)に満足することはできないでしょう。

今回の記事では、新品複合機(コピー機)のコピー機能について解説します。

目次

1、 複合機(コピー機)の印刷品質に関する機能

複合機(コピー機)のコピー機能

複合機(コピー機)の印刷機能でまず重要視されるのは印刷品質です。新品複合機の場合でもそれは変わりません。複合機の機能や、印刷方式、メーカー、機種などによってさまざまな特性がありますので、自社に適したものを選びましょう。

① モノクロorカラー

複合機(コピー機)にはモノクロ専用のものとカラー対応のものがあります。モノクロ専用のものは、複合機の機器代金が安く、インク(トナー)も黒を出力するためのインクのみで済むため、コストを抑えて導入できます。また、モノクロ複合機でも、スキャンをする際にはカラーでスキャンできます。
カラー複合機に比べてモノクロ複合機は用途が限定されますが、うまく利用すればコストとスペースを節約できます。

② レーザーorインクジェット

コピー機の印刷方式に関して、レーザー方式とインクジェット方式があります。
レーザー方式は、トナーの粉塵を用紙にレーザーで照射するタイプで、インクジェット方式はインクを直接用紙に噴射するタイプのものです。インクジェット方式は、レーザー方式よりもカラーの再現性が高いことが特徴です。レーザー方式の特徴は、インクジェット方式よりも滲みにくく、また大量コピーの際の印刷速度が速いことです。コスト面では、インクジェット方式の方が導入費用は安いですが、大量コピーをする際に1枚あたりの印刷単価はレーザー方式の方が安くなります。
ビジネスでは、コピーを大量にとることや、月間印刷枚数が多いことからインクジェット方式よりもレーザー方式が多く使用されます。

③ 画質

複合機のメーカーや機種によって画質が異なります。メーカーごと、機種ごとに、特徴がありますし、印刷の仕上がりによって印刷物の雰囲気も異なりますので、カタログやサンプルを参照すると良いでしょう。スペックにも左右されますが、やはり新品複合機であるほど高画質化しています。

2、複合機(コピー機)利用時の快適性に関する機能

複合機(コピー機)のコピー機能

複合機(コピー機)は日常的に使用する機器なので、いかにストレスなく利用できるかが重要なポイントになります。ストレスとなりうるのは、印刷の速度、待機時間、インクや用紙の交換頻度、トラブルの発生割合などです。

① 印刷時間

複合機の印刷時間には、3つの指標があります。いずれも機種ごとに、目安の時間が異なります。

  • コピー速度
  • 大量コピーをした際に、1枚のコピーに要する時間です。カタログや製品情報には目安としてA4サイズの用紙を印刷した際の速度が記されます。カラーコピーよりもモノクロコピーの方がやや速度が速いです。

  • ウォームアップタイム
  • コピー機の電源を入れてから、コピーできる状態になるまでの時間のことです。新品複合機の新機種ほど、ウォームアップタイムは短い傾向があります。

  • ファーストコピータイム
  • 印刷ボタンを押してから1枚目の印刷が始まるまでにかかる時間のことです。こまめにたくさんの種類のコピーを取る場合は、ファーストコピータイムの速度が満足度に大きく影響します。

② 対応用紙/トレイの収容枚数

複合機によって対応している用紙サイズが異なります。大型のものは、A3サイズまで対応していますが、卓上タイプのものではA4サイズ以下が一般的です。
また、用紙を入れるトレイの数や収容できる枚数も複合機ごとに異なります。トレイの数が少ない場合、用紙サイズをすべてカバーできません。また、収容枚数が少ない場合は、用紙の補充頻度が多くなるので、印刷枚数が多い企業にとっては大変不便です。トレイの少ない機種の中で、特に最新の新品複合機は、省スペース化に適しています。

③ インク/トナーの容量

インクやトナーの容量も機種ごとに異なります。
交換頻度が高い場合には非常に手間になりますので、あらかじめ1本のインクやトナーでどの程度の枚数が印刷できるか確認しておきましょう。カラーコピーの場合には、複数のインクを混ぜ合わせて使用するので、当初の予想以上にインクの交換頻度は多いかもしれません。

④ トラブルの頻度と保守対応

新品の機種であれば、トラブルの頻度はさほど心配する必要はないかもしれません。念のため、インターネット上のメーカーの評判などを参考にされると良いでしょう。
それ以上に重要なポイントは、販売店のトラブル対応が、小回りが利くか否かです。トラブル時に保守を依頼したのにメンテナンススタッフが可決くけてくれるまでに毎回3時間かかる、といったケースではその間業務に大きく支障をきたしてしまうことがあります。スタッフの到着までの時間が早く、解決力のある保守体制を整えている業者を選定するのがベストです。

3、まとめ

最新の新品複合機(コピー機)のコピー機能について紹介しました。
タグコピー機能は、複合機の最も核となる機能ですので、使い勝手や速度の少しの違いが満足度に大きく影響します。

指標としては、印刷の品質、方式、カラーかモノクロかといった品質に関する部分と、3つの印刷速度、対応用紙のサイズや容量、インク(トレー)の交換頻度、保守対応の良しあしなどがあります。導入した複合機に満足できるよう、最善機種をしっかり見極めましょう。


Leave Your Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です